松琴

客室の特徴

幕末時代の豪農の館を移築、踏込み・本間・周りは化粧の間となっております。
雲洞庵新井石龍禅師により「松琴」と名付けて頂きました。
床の間の書には「猛虎一声山月高」とあり、虎が高い山や月に遠吠えをしている様を表した素晴らしい書があり一見の価値があります。

広さ
10帖+化粧の間5帖(約32平米)
設備
テレビ、エアコン、冷蔵庫、セーフティーボックス、湯沸かしポット、鏡台、ウォシュレットトイレ、お茶セット、箸、コップ、栓抜き、ワインオープナー、爪楊枝、ヘアドライヤー、バスタオル、フェイスタオル、浴衣、足袋、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ハンドソープ、剃刀、ブラシ、こっとんセット、シェーピングジェル、ヘアゴム、レディースフェイスケア4点セット(洗顔料、メイク落とし、乳液、化粧水)

料金(1泊2食付)

  • 2名 25,000円
  • 3名 23,000円
  • 4名 22,000円
  • 5名 19,000円

※料金はサービス料込・消費税別となります。
※入湯税は120円別途となります。
※上記料金は予告なく変更になる場合があります。
※特定日 連休期間は3,000円(税別)割増となります。
※年末年始(12/31〜1/3)は別途料金表によります。

見取り図

※お部屋タイプでのご予約となります。客室指定についてはお問合せ又は予約フォームの質問事項へお願い致します。
ご希望の客室をご用意出来ない場合もございますので予めご了承ください。その際はご連絡致します。